引っ越しで最初にかかるお金

67056
初めて引っ越しをする人の中でどのくらいお金がかかるのかは、その家の家賃や敷金礼金によってかわってきます。
今回は実家から初めて一人暮らしへと引っ越しをする方がどのくらいお金がかかるか紹介したいと思います。

まず、引っ越した時に最初にかかるお金は、光熱費と水道代です。
今までは親が払ってくれたものですが、新たに引っ越しをするとなると自分で払うようになります。

だいたい1ヶ月分で1万円あれば大丈夫です。
次にかかるのが家電代です。

これは普段生活していく中で必要な洗濯機や電子レンジ、炊飯器、電子ケトルなどです。
これらの商品は一個一個の値段は高いため、もし、実家からもってこれるのであれば、貰うことをオススメします。

だいたい3万円ほどかかります。
最後にお金がかかるのは家具です。

家具のほとんどは部屋の大きさや配置も考えて、引っ越した後に買う人がほとんどで、約2万円ほどかかります。
このように初めて引っ越しをする時には約6万円ほどのお金が家賃とは別にかかるためしっかりと準備するようにしましょう。

引っ越し業者には可愛い子が多い!?

引越し女の子
これこそ豆知識というか、知る人ぞ知る貴重な情報だと感じるのですが、引っ越し業者には結構可愛い子が多いです。
そもそも引越し業者って男性だけだと思っている人も多いかと思いますが、いやいや、最近は女子も多いんです。

まぁ、女子の好みは人それぞれなのでそこにはあまり触れませんが、本当に可愛い子が多いんです。
私が一度引越しをしたときに来てくれた女の子は、本当に綺麗な方でした。

そうなると、頼まれなくても手伝ってしまうのが男の性でして、私も積極的に引越し作業を手伝いました。
引っ越し業者の新たな戦略なのかな?もし引越し業者を頼むのでしたら、女の子を指名で頼んでみて下さい!良い意味で仕事ははかどりますし、作業も丁寧にやってくれますし、何か新しい感覚になると思います。

私が依頼した業者はここで探しました。
http://引っ越し業者1t.jp

その代り、やはり重いものとかは心配ですので、基本的には全て手伝うくらいの覚悟でいましょう。
引っ越し業者に女の子、少し引越しのイメージが変わりましたか?私の本当にあった話ですので、間違いのない情報です。

引越しと言えば引越しそばです

引越しと言えば引越しそばですね。
今ではあまり見かけなくなった文化です。

近所の人に引越しそばを配ると言うようなことはほとんどなくなってしまいました。
その代わり自分たちで食べるような文化に変化をしてきたと言っても良いでしょう。

引越しが終わったあとに食事として自分たちでそばを食べると言う文化の方が根付いてきたように思います。
しかし、その文化も時代とともに移り変わります。

今では宅配してもらえるものが増えてきたので、そばだけではなくピザやパスタ、またカレーとなんでもありのようになってきました。
デリバリーサービスが充実したからでしょう。

かくいう私も引越しでそばを食べることがなくなりました。
昔は引越し終わりのそばが楽しみでもあったのですが、今ではピザを食べる事が楽しみになっています。

引越しで体力を使いますから、そばよりも栄養満点なピザを食べると言う方が、確かに体の事を考えると良いのかもしれませんが、さびしくなりましたね。